イタリアのスリ体験談&対策!撃退方法やおすすめの鞄やリュックまとめ

イタリア2日目_7238

こんにちは、ぞえちです。


私はネットビジネスだけではなくって
年に数回イタリアで買い付けをする輸入もちょっとかじってます。

2017年2月も買い付けに行ってきました★


毎回、資産家の先生と一緒に出向いて、
資産家の先生の生徒さんなどと一緒に行っているので
毎回10人〜15人の人数で出向いています^^


今回の仕入れも全員で12人というメンバーで
買い付けにいってきたわけなんですが・・・・

一番頭悩まされたのは、スリ!!!!


今回のイタリア旅行は
ここ数年の間で5回目の仕入れだったのですが
今まできたイタリアの中で一番スリに遭遇しました。


特に朝と夕方の電車では
ほぼ100%スリに遭遇していて、

12人という大所帯にも過かわらず
敵(スリ)は容赦なく襲い掛かってきました。


せっかくなのでこの体験をまとめて
私たちが実践した対策案やおすすめの鞄について
まとめてみました★


これからイタリアに旅行にいく方にとって
少しでもお役に立てたら幸いです(●´ω`●)

スポンサーリンク


イタリアのスリ体験談


イタリア4日目_5087
イタリアでの仕入れは、
ミラノとフィレンツェが主なのですが

フィレンツェは基本的にタクシー移動なので
ミラノで地下鉄に乗ります。


私たちがスリにあったのも
この 地下鉄@ミラノです。

特に1日目は、
行きも帰りもスリ集団に襲われるという
スリ遭遇率100%でした・・・(´・ω・`)


今までのイタリアでは
あっても1回くらいだったので、
今回のスリの多さは今までのイタリアでも最悪で
なぜこんなにスリが多くなったのかは不明です。

(きっと何かしらの理由はあると思いますが・・・)


ただスリの手口ってだいたい同じで
幾つか特徴があったのでまとめておきますね。


スリの特徴1:必ずグループで行動している


彼らのスリの手口はだいたいグループで行われます。
今回は3人のスリ集団、4人のスリ集団と出会いました。


だいたい、それぞれに役割があって、

1人:気をひく係(マップを広げて道を聞いてきたり、駅名を聞いてきたりする)
2人:そのすきにリュックの中から財布をとる係
3人:財布をとって逃げる係


という感じで役割分担があります。


彼らはだいたい、
人が集まる駅(乗り換えが多い駅とか)でウロウロして
私たちのような日本人などの旅行客をカモにして
強引に同じ車両に乗り込んできます。


電車が混んでいるときこそ、
用心深く注意をしておくことが必要です。



今回はありませんでしたが、
赤ちゃんを連れた女性などを「気を引く係」にする
スリ集団も多いみたいです。

赤ちゃんがいる(妊婦さん)だから・・・と安心せずに
警戒しておきましょう。


スリの特徴2:長めのストールや長いコートなどを身につけている


スリをするときに手が隠せるように、
長めのストールや長いコートを着ている方が多いです。

実際に電車で鞄に手を伸ばされたときは、
ストールの中に手を隠していました。


やたら長いストールを巻いている集団が近づいてきたら
要注意です。(´・ω・`)

スポンサーリンク



イタリアのスリ対策まとめ


今回のスリは電車での出来事で
グループでの犯行でした。

(といっても幸いに未遂でおわりましたが・・・)


彼らは、鞄のチャックはあけるし、
紙袋には手を突っ込んできたりするので

絶対にとられてはいけない、

・パスポート
・お金


この2つをしっかりと管理するだけで
大きな痛手にならずに済みます。


スリに効果的かつ
すぐに実践できる対策はこちら!


対策1:パスポートやお金は首から下げて服の中に隠す


スリの方々は鞄の中から
財布やパスポートを狙っています。

絶対に取られてはいけないものは、
鞄の中ではなく服の中に隠しちゃいましょう。


こういう感じのパスポートケースに、
パスポートと現金を管理するようにすると
スリから逃れられることができます。



>>>パスポートケースはこちらから


毎回お会計の際にパスポートケースをだすのって
結構面倒だったりするんですが、

スリされることに比べたら
全然楽チンです。


そないあれば憂いなし!


対策その2:空の紙袋を持っておく


これは今回一緒にいった方が実践されていて
なるほどー!と思った方法なんですが、

ポイントは、
スリ側の気持ちにたって考えることです。


空の紙袋をみたスリは、

アルバカさん
こいつ、盗まれてやんの!笑


という思考になるみたいで、

空の紙袋を持っている → すでに他のスリにすられている

というふうにみて
スリのターゲットから外れることができるんですね。


買い物をした帰りの地下鉄では、
どれか1つの袋に買い物したものをまとめておく

(その紙袋はシールをしっかり張って
 口が開かないようにしておく) ←これがめちゃくちゃ大事


そしてもうひとつの紙袋は、
空っぽにしておきます٩( ˙ω˙ )و


スリの思考をついたなかなか有効的な方法なので
真似してみてください★


対策その3:鞄の奥に財布をしまっておく


鞄のファスナーを開けてすぐに財布があると
スリもすぐにとって逃げちゃいます。


ファスナーを開けられないことが一番ですが
ファスナーを開けられたときの対処法として

財布は鞄の奥に閉まっておくか
財布に紐をつけて鞄につけておくか・・・

すぐにぱっと財布が取れないように
工夫しておきましょう^^



今回のイタリア仕入れで、
のど飴が一番上にあったために
財布が取られないで済んだ方もいらっしゃいました。

イタリアのスリ撃退方法


もしもイタリアでスリに合ってしまったら・・・
とにもかくにも強引にでも

大声を出す

というのが一番効果的です。


日本でスリに遭うってなかなかないので、
いきなりスリと遭遇するのってめちゃうくちゃ怖いですが

大声をだすことで
彼らはあっさり退散しちゃったりします。


友達と行動しているのであれば
友達とも事前に対策をしておいて、
友達に大声を出してもらうのもありです。



スリグループはターゲットを決めたら
ターゲットが身動きがとれないように
サンドイッチにしてくることもあるのですが、

そのときでも 強気
相手を突き飛ばすくらいの勢いで
振りぬけたほうがいいです。


こちら側がひるんだ隙を狙って
スリは物を盗んでいきます。

スリに怯えることなく、
堂々と強気でいることが一番です★



おすすめのリュックや鞄は?


スリたちが狙うのは、
あなたのリュックや鞄のファスナーです。

なので、リュックや鞄のファスナーが
確実に見えるようにしておきましょう。


私がいつもイタリアで使っているのは
このポーターの鞄です٩( ˙ω˙ )و



>>>ポーターの鞄はこちらから

これは後ろではなくて前に持ってこれるので
かなり重宝しております^^


あんまり大荷物を持って歩くと
スリも結構怖いので、
リュックは正直あまりおすすめできません^^;


特にリュックを普通に後ろでしょうっていうのは
最悪なので絶対にやめておきましょう。



まとめ


いかがだったでしょうか?


一番安全なのはタクシーを使うことですが、
イタリアの場合タクシーストップでタクシーを拾わないと

悪徳業者に捕まってしまって
メーターをごまかされてぼったられることも。。


今回のミラノも、
本当はタクシーで行きたかったのに
まさかのタクシー会社のストライキ・・・!

により(´・ω・`)


タクシーが使えずしぶしぶ地下鉄にしたところ
スリに遭ったわけです。


アルバカさん
タクシーだから大丈夫!

と油断はせずに
タクシーが使えないときでも大丈夫なように
強気の姿勢でいきましょう★


という、今回のイタリア仕入れでした。

本当にスリは未遂で終わり
誰も何も取られなかったのが良かったですが
油断大敵です!


また次回は9月に行く予定なので、
そのときには私のブログの生徒も連れて行けるよう
私も頑張ります★


スポンサーリンク

20代OLぞえちのリアル家計簿TOP3

・11月家計簿まとめ!メルカリでお小遣いを稼いでみた
・1月前半家計簿!OLの休日の過ごし方
・7月前半まとめ!ボーナスの使い道あれこれ


20代OLぞえちがOLさんに読んで欲しい記事!

・貯金できない女は結婚できない?貯金ゼロから抜け出す3つの方法
・OLの貯金術を暴露!おごられ上手になるために守るべき3つのコツ
・貯金の才能はある?生活習慣でみる貯金力チェックリスト


f-f_object_94-s32_f_object_94_0bg副業をスタートしたい方にぴったりな記事TOP3

・女性が25歳から考える将来のためにできる3つのこと
・20代女子におすすめの副業ベスト3!コソコソ稼ぐ方法

人気記事★

・26歳の平均貯金額から学ぶ!20代半ばまでに貯めるべき金額はいくら?
・一人暮らしでも出来た!毎月3万円貯金のコツは3つの節約方法
・500円玉貯金を続ける3つのコツ!ATMで入金できるか検証してみた


おすすめ記事セレクション

・一人暮らしOLの実情!平均貯金額と毎月の貯金額を調べてみた
・簡単!おすすめの貯金iPhone/Androidアプリをまとめ
・貯金が苦手な人でも続けられる!楽しいお金の貯め方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>