やる気がない人をやる気にさせる方法!6つのモチベーションタイプ別に解説

こんにちは、ぞえちです。

もしかして、あなたの職場に なんだかやる気が出ない・・・
なんて言っている方はいませんか?

自分の上司だった場合は扱いづらいですが、
同期や後輩だったら、

アルパカに乗ったヒヨコ
なんとかしてやる気にさせたい!

と、思ったことはありませんか?

あまりにもやる気がなさすぎると
見ているこっちもイライラしてきて、

結果的に仕事が捗らなくて
さらにイライラしてくる・・・

なんていう悪循環な経験を
私自身もしたことがあります^^;

今回の記事では、過去の私と同じように
やる気のない人で悩んでいる方に向けて書いていきます。

私は今、副業(ブログ)の稼ぎ方をOLさんを中心に
教える仕事をしていますが、

生徒さんに共通しているのは
この「やる気が出ない」という悩み。

こういったご相談をいただく時に、
私がしているアドバイスは人によって全く違います。

時には正反対のようなアドバイスをする事もあるんですが、

それでもほとんどの生徒さん達は「やる気」問題を解決して
しっかりと行動をして結果を残すまでに至っています。

なぜ、私が人によってアドバイスを分けているのか?というと、
人によってモチベーションタイプが全く違うからです。

そこで今回の記事では、
私がやる気がない人のやる気スイッチを「ON」にするときに

こっそりと活用している6つのモチベーションタイプを
ご紹介しながらやる気が出ない時の対処法もお知らせします。

この記事を読んで、自分のモチベーションタイプを知ったら、
「やる気が出ない」という悩みは、本当にちっぽけな悩みに変わりますよ!

やる気が出ない時ってどんな時?

Free_image_of_people__woman__stripes_-_StockSnap_io

今回の記事ではイメージしやすいように
自分の部下がやる気がないというケースでお話していきます。

私も以前働いていた会社では、
教育担当というポジションにいたこともあるので

自分の部下がやる気がない

という状況はまさに経験したことがあります。

だからこそ分かるんですが
部下に対して、

アルパカに乗ったヒヨコ
やる気出して!

なんて、思っている事をそのまま伝えても
これは返って逆効果です。

こんな言葉を部下にかけてしまった日には、
部下のやる気は上がるどころか圧倒的な勢いで下がります。

部下にやる気を出して欲しかったら
部下にとって一番受け入れやすい形で伝えるのがベストです。

単刀直入に自分の伝えたい事を言っても、
相手は反発したくなるので、

相手が聞きやすい言葉に変えてあげるだけで
相手は素直に受け入れてくれるようになるのです。

そのために使っていくのが、
6つのモチベーションパターンです。

[ad#]

6つのモチベーションタイプって何?

モチベーションタイプというのは
その人がやる気を出すシチュエーションによって分類されてます。

人それぞれ性格は十人十色であるように
モチベーションタイプも多種多様です。

相手のモチベーションタイプを理解することで
そのモチベーションタイプにとって

最もやる気が出るシチュエーションを作ってあげるだけで
相手のやる気がぐんぐん上がっていきます。

6つのモチベーションタイプと、
やる気を出させるためのワンポイントアドバイスはこちらです!

モチベーションタイプ1:支配タイプ

自分が主導権を握っていたいタイプ。

相手をコントロールしたい欲求も強くて、
自分が常に物事の決定権を持っていたいと思っている。

「これをしたい!」「あれをしたい!」と
自分のやりたいことを周りに押し付けることもある。

(そして以外と、その案が通ったりする(から不思議))

やる気出すポイント

仕事を任せる時に
全てこちらで説明をするのではなくて

相手に主導権を渡してあげると
一気にやる気を発揮してきます。

モチベーションタイプ2:自由タイプ

束縛されたくない!と常に思っているタイプ。

人からあれやれ、これやれ、と言われるのがすごく嫌いで、
常に自由でありたいと思っている。

尊敬している人ではなければ
なるべく指示はされたくないし、束縛されたくない。

やる気出すポイント

会社のカリスマ的社員に、
声をかけてもらうように気を配ったり、

「○○やって!」という依頼の仕方よりも、

「○○までやったら、帰っていいよ」
という風に言われると、

未来で待っている自由のために
一気にやる気になる。

モチベーションタイプ3:人気者タイプ

すごいね!って褒められたい、目立ちたいタイプ。

自分のことを人と比べてみて、
優越をつけてしまい方が多いです。

人と比べて、
「みんなが○○だけど、私は・・・」

というようなことも口癖の子が多いです。

やる気出すポイント

みんなの前でオーバーに褒めたり、
成果を賞状などの目に見えるもので褒める。

モチベーションタイプ4:寂しがりタイプ

仲間はずれにされたくない!という思いが強いタイプ。

みんなが楽しい時間を過ごしているのに、
自分一人だけ残業・・・とかっていうのが超辛いタイプです。

”一人だけ違う”ということにすごく敏感で
みんなで楽しく仕事をすることが好きです。

やる気出すポイント

「みんなも○○しているから頑張ろう!」

というような形で、
みんなもしているからっていうのがキラーワード。

モチベーションタイプ5:達成感タイプ

やりきった!という達成感を求めているタイプ。

仕事が終わった瞬間の達成感だけを求めて
仕事をしている人。

達成した時の清々しさや、
やりきった!という自信がめちゃくちゃ強い。

やる気出すポイント

「○○をしたら△△が手に入るよ!」

という感じで、達成したらどうなるのか?
というメリットを伝えてあげる

モチベーションタイプ6:完璧主義者タイプ

何事も失敗するしたくはない!完璧主義のお堅いタイプ。

何よりも新しいことをスタートして
失敗することにすごく恐れを持っている。

一度も経験したことのないことには
スタートするまでにすごく時間がかかってしまう。

やる気出すポイント

「失敗しても私が責任とるから!」

というように、

相手の失敗のリスクを最大限まで低くしてあげることで、
のびのびと仕事をしてくれるようになります。

モチベーションタイプを知っているだけでかなり便利!

このように、モチベーションには6つのタイプがあって、
それぞれによってアプローチ方法が異なります。

相手がどのモチベーションタイプかどうかは、
日頃のコミュニケーションの中で分析して行きます。

例えば、

アルパカに乗ったヒヨコ
この人はどんなタイプかな?
何を大切にしている方なのかな?

ということを知りたいのであれば
その人が使っている言葉にも注目するといいです。

例)

みんなでユニバ行きたいから頑張る
→ 寂しがりタイプ

「めんどくさい」が口癖
→ 自由タイプ

まとめ

6つのモチベーションタイプ、
いかがでしたでしょうか?^^

このモチベーショタイプを知っていると
部下のやる気を引き出すことはもちろんのこと、

コミュニケーションや営業でも使える技なので
是非活用してやってください!

それでは^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です