読売テレビのかんさい情報ネットTen.に出演しました!副業解禁の裏側は?

yomiuri

こんにちは、ぞえちです。


11月某日に読売テレビの方からお問い合わせをいただき、
なんと テレビに出演することになりました。

テレビ・・・!って、なんだか自分とは遠いイメージでしたが、
あれよあれよと話が進んで先月収録に京都までいってきました。


放送は12月15日(金)の夕方ごろです。
読売テレビのかんさい情報ネットTen.で放送されます。


とはいえ、私は本当に凡人の中の凡人で、
雑誌やテレビで取材されるような人ではないと思っています。

これは本当に「副業」というブームのおかげで、
私もいろいろと活躍の場を広げていただいているなと感じます。


この間政府も、副業解禁のニュースを出していましたしね。
そこから見えてくる「副業」についても考察してみました。

スポンサーリンク

読売テレビのかんさい情報ネットTen.に出演しました!


12月15日(金)放送の副業特集で
私と私の生徒さんが登場します^^


▼そのときの収録風景はこんな感じ

1

生徒さんのご自宅にお邪魔させてもらって
一緒に撮ってもらったり、私一人でもインタビューを受けました。

数時間の撮影でしたが放送は10分ほどに凝縮されるとのことなので
私は出演しても長くて1分くらいかな。。と予想してます。


12月15日に無事放送されました!


私は今、福岡に住んでいるので当日はリアルタイムでは見れなかったのですが、
関西に住んでいるコンサル生の方が動画を送ってくださいました^^


初めてみる、テレビの自分・・・。


自分で自分の顔を見るのって違和感があるのですが、
自分が自分に思ったことは顔が丸いってことでした。

冬だからといってやっぱり怠けちゃいけないなと思ったので
もう少しシェイプアップしようと思います。


・・・というのは冗談ですが、
私の登場時間はおそらく合計で2分くらい?


副業アドバイザーとして、

・私がOLの時と比べていくら収入が増えたのか?
・副業をするときの注意点は?

主にこの2つのことについて喋っています。


実際は、もっと収録していただいていたんですが
ここまで短くなるとは!・・・と、

テレビの方のお仕事がどれだけ時間がかかっているかを
体感するいい経験になりました。


ご覧いただいた方、ありがとうございます!

読売テレビさんも、ありがとうございました!

今回の取材は「副業解禁」のニュースがきっかけ


政府が来年の春に、
副業解禁をするってご存知でしたか?

※参考


今、大手企業も徐々に副業を解禁しているみたいで、

・ソフトバンク
・DeNA
・ソニー


なども名を連ねています。


副業が解禁されることで
もっと多くの企業が副業OKになるということは
想像しやすい事実です。


副業が解禁されたことで、
今まで会社の規則が足かせとなって

副業にチャレンジできなかった方も
参入しやすくなると思うので副業人口は増えるでしょう。


これは本当に素晴らしいことですし
働き方が多様化していく昨今、

収入の柱が複数に増えることによって
人生の選択肢も増えていくと思います。



これは本当に素晴らしいことですし、
私も以前からこの働き方をオススメしていたので

個人的には嬉しいニュースでもありました。


なぜ政府は副業を解禁したの?


ただもう1つの切り口として
私が注目していきたいのは

なぜ政府が副業を解禁したのか?
というところ。


この問いをぜひ、この記事を読んでいるあなたも
考えて見ていただきたいのです。



物事には必ず表と裏があるわけです。


なぜ政府が副業を解禁したのか?を考えると
私たちが今何をすべきなのか?という、

政府の裏メッセージが見えてきます。


アルバカさん
少し考えて見てください!


メルマガ読者さんからの秀逸な意見


この問いをメルマガ読者さんに投げかけたところ
たくさんの方が返信してくださいました。


その数なんと100人ほど!

私の過去のメルマガ配信の中でも
一番返信率のいいメルマガになりました。


との時に多かったのが、こちらの意見。


政府の裏メッセージ、それは、

「副業をたくさんやって、たくさん国に奉仕してね」
ということで、副業による税金が高くなる!!

・・・ということでしょうか?

-Yさん

僕なりの答えですが、副業を解禁することで納税をさせることかな?と考えます。
今の日本は正社員で働いていても貯蓄をする余裕がないひとが多いです。

本業はもちろんですが、副業の収益分を徴税することで財源を増やすのと、
脱税者から容赦なく回収をする。

ぞえちさんの次回のメルマガで「起業する上で納税の知識は大事!」と
続くのではないかな?と思っています!

-wさん



なるほど・・・! 税金ですね。

これは確かにあると思います。
大アリです。


税金も払いたくない!なんて思っちゃいますが、
国民の義務でもありますし上手に付き合いたいなって思いますね。



ただ、この税金よりも
もっと奥深いメッセージが隠れていたりします。



それは・・・。。。


政府の裏の狙いですが、

私が思うに,

しっかり稼いで自分のことは自分やりましょう。
年金や福祉をあてにするのはやめましょう。


といった意味合いなんだと思いました。


私の会社でも退職金の一部は
自分で運用したお金になっています。

以前までは会社の運用する部署があったのですが、
マイナスになった時に対応できなくなるので、
今では自分で運用して自己責任という形になっています。
(あくまでも一部の金額です)

それと同じような考え方なのかと思いました。

-Nさん


中でもかなり秀逸だった回答が
Kさんの回答。

これまでのように定年まで会社に勤めてれば、
退職金も企業年金も出る時代は終わり。

ていうか、企業の給料も下がって来るし、
倒産する会社だって増えてくるしねー。

そういう時代なんだよ、だから、、
これからは自己責任でしっかり稼いでね♪

-Kさん



要は、

「自分の人生、自分でどうにかしてね!」

というメッセージでもあると思っています。


これからの未来のために私たちができること


副業解禁のニュースをみて、
きっと反応する方って少数だと思います。

アルバカさん
そうなんだ〜。ふーん。でも私は副業興味ないし

こういう風にどこか他人事で
考えてしまう方がほとんどでしょう。



でもそれは、

ニュースの報道をそのまま聞いて
そのまま情報を受け取っているために

どこか他人事になってしまっている
ってことが原因なのかな、と。


この政府の裏メッセージに気付いて
将来が不安になった方は

パソコンにかじりついて
副業について調べ始めるはずです。



だって数年後に、

安定した収入が入っている保証って
どこにもないわけですからね。


ただ、この現状自体が悪いことではなくて、
むしろチャンスだとも思っています。


しっかりとメッセージを受け取って
備えていけばいいのです。


まずはこの裏メッセージに
気付いておくことの方が重要です。



マスコミや政府の発表は
必ず理由があって行われるので、

表と裏を意識するだけで
得られる情報は変わってきますので。


情報はお金を稼ぐ上でも、
未来を生きにくためにも、必須のツールです。


表面上の情報に惑わされずに
本質を考えていきましょう^^


最後に


ここ最近メディアでの取材をいただく機会が多く
社会が副業に注目している熱をビンビンと感じています。

今まで副業をスタートして見たい!と、
感じている方にはすごく追い風です。

このタイミングを逃さないようにして見てくださいね!


そして、これらのメディア取材を通じて

自分の先生であるじゅんさんやコンサル生
ネットビジネスを一緒に頑張っている仲間に、

本当に感謝をする機会となりました。


今の自分がいるのはたくさんの方のおかげなので
少しでも恩返しができるように、

私ももっともっとレベルアップして
頑張っていきます!


スポンサーリンク

20代OLぞえちのリアル家計簿TOP3

・11月家計簿まとめ!メルカリでお小遣いを稼いでみた
・1月前半家計簿!OLの休日の過ごし方
・7月前半まとめ!ボーナスの使い道あれこれ


20代OLぞえちがOLさんに読んで欲しい記事!

・貯金できない女は結婚できない?貯金ゼロから抜け出す3つの方法
・OLの貯金術を暴露!おごられ上手になるために守るべき3つのコツ
・貯金の才能はある?生活習慣でみる貯金力チェックリスト


f-f_object_94-s32_f_object_94_0bg副業をスタートしたい方にぴったりな記事TOP3

・女性が25歳から考える将来のためにできる3つのこと
・20代女子におすすめの副業ベスト3!コソコソ稼ぐ方法

人気記事★

・26歳の平均貯金額から学ぶ!20代半ばまでに貯めるべき金額はいくら?
・一人暮らしでも出来た!毎月3万円貯金のコツは3つの節約方法
・500円玉貯金を続ける3つのコツ!ATMで入金できるか検証してみた


おすすめ記事セレクション

・一人暮らしOLの実情!平均貯金額と毎月の貯金額を調べてみた
・簡単!おすすめの貯金iPhone/Androidアプリをまとめ
・貯金が苦手な人でも続けられる!楽しいお金の貯め方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>