貧困女子から学ぶ節約術!生活保護を受けずに貯金する3ステップ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-INA99_saifuaketara1en-thumb-1000xauto-15855

月10万の貯金をしている、OLのぞえちです。

最近グローズアップ現代などのテレビで取り上げられ、

ちょっと話題になっている

貧困女子について今回はクローズアップしていきます。

貧困女子とは、

月額の手取りが10万円以下の女子

を指す言葉で、最近急上昇しているそうです。

日本の3分の1の人が該当するそうなのですが、

彼女たちの生活には知恵がいっぱいです。

とにかくやりくり力が半端無いんです。

彼女たちから学ぶべき節約術を

今回はまとめていきたいと思います!

スポンサードリンク

貧困女子から学ぶ節約術!

それでは実際に、

貧困女子の方の節約術をまとめていきます!

彼女たちのやりくりの中でも

基本的なものをあつめてみました。

この3つの節約術を守ると、

自然と貯金もできます。

是非とも参考にしてみてくださいヽ(´エ`)ノ

節約術1:お菓子などは絶対に買わない

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N114_ramikabocyatookashi-thumb-1000xauto-14498 (1)

間食とはおさらばです。

貧困女子の方の場合、

収入<支出となってしまいがちなので、

とにかくお金を使わない

ということがとても大切になってきます。

なので

・光熱費

・食費

・通信費

などなど固定費から見直す必要がありますが、

いちばん簡単なのがコレなんです。

お菓子を買わないこと

です。

お金の節約だけではなくて

ダイエットにもなりますし、

虫歯の予防にもなるのでよいです。

まさに一石二鳥理論。

コンビニに行って

ついついお菓子を買ってしまいます・・・

という方は、

まずはコンビニに行くことを辞めましょう。

誘惑が多いところへは行かない!

こう決めるのも節約術にはいりますから!

節約術2:安くても丈夫なものを買うようにする

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK42_zaihoudazehyhha-1278-thumb-1000xauto-16448

安い!という理由で買ってしまって

すぐにダメにしてしまった・・・

という経験ありません?

安いものが全てダメ!

というわけではないですが、

値段だけじゃなくて、品質にも注目しましょう。

とくに服は気をつけましょう。

私もよくやってしまうんですが、

ファストファッションのお店などで

「可愛い!安い!」

というノリだけで買ったもので

洗濯して一発KOになってしまったことが

何回かあります。

そうするとまた、

買わなきゃいけなくなることもあるんですよね。

買うときは安くても、

トータルでみたら高くなっていた

ということもありえます。

ちょっとだけ高かったとしても

長く使える品質のよいもの

を選択することをおすすめします。

結局長期で見たら節約になってますからね!

節約術3:100均をとにかく活用する

da82f443465ca74f01d8062b3c4691b6_s

いまの時代、

100均に行けばだいたいのものが揃います。

「え、これも100円なの?」

というびっくり商品もたくさんあるので

本当に100均って進化しているんだなー

と思います。ええ。

女子目線で話すと、

100均のキッチン用品

ってめちゃくちゃ助かります。

・ピューラー

・ボール

・缶切り

・タッパー

・おたま

・フライ返し

などなどがそろいます。

他にも最近だと

3COINS

Natural kitchen


というお店もプチプラで可愛い雑貨が

そろっています^^

大体100円〜500円で、

可愛い雑貨が購入できます!

欲しい!と思うものがあったら

まずは100均で探す癖をつくるだけで

出費がかなり抑えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「貯金をする」ということは、

収入>支出

ということが鉄則です。

収入がなかなか増やせないのであれば、

支出をいかに抑えられるのか

というのが貯金ができるかどうかに関わってきます。

今回の節約術は、

支出を抑えるのにぴったりのものばかりなので

是非とも実行してくださいねーヽ(´エ`)ノ

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>