【暴露】貯金ができる人とできない人の大きな差はここ!

b702cbb1b3db3453bad2dbf3b11ec005_s

月10万の貯金をしている、OLのぞえちです。
毎月しっかりと貯金をしているわけなのですが、
貯金をするようになったのは、実はつい最近の話なんです。

最初のうちは、
月に3万円を貯金することさえも、
きつかったですからね。。。

今回は、そんな貯金ができなかった私が、
何をきっかけとして貯金ができるようになったのか、
について書いていきたいと思います。

貯金ができない人と、
貯金ができる人の両方を経験したぞえちが、
自らの経験をもとに考えてみました。

以前に書いた記事で、
当時のことを振り返ったものについては、
こちらの記事をご参照ください٩( ˙ω˙ )و

⇒ 貯金が貯まらない理由を自分の経験から考えてみた



貯金ができる人とできない人の違い


もともと貯金に対して、
全くと言っていいほど興味がなかった私。

貯金ができていなかったときと、
貯金ができるようになったときで、
行動が180度変化したわけなのですが、
これって結構すごいことなんですよね笑

私の価値観が変わったできごとについて、
今回はまとめてみましたヽ(´エ`)ノ

このできごとがあったからこそ、
貯金ができる人間になったので。

貯金ができない人と、
貯金ができる人とのちがい、
として捉えてみてくださいな。


出来事その1:とある本との出会い


そんな私が、貯金を意識するようになった、
というよりもお金に興味を持ったきっかけは、
実はある本との出会いでした。

その本とは、
金持ち父さん、貧乏父さん
です。



結構な有名な本なので、
ご存知のひともおおいですよね。

まだ読んでない!というかたは、
是非とも読んでいただきたいんですが、
この本との出会いがあって、
会社員でいること(雇われの身であること)が、
とても危ない立場でいる
ということを認識しました。

結局は会社に依存しているわけなんですよね。

会社がいつどうなってもおかしくない世の中なので、
会社がなくなるというリスクも考えないとなーと、
思ったわけなんです。


で、そう考えたときに、
自分に全く貯金がなかったわけです笑

こりゃーやばい!
ってなりますよね。

もし明日会社なくなったら
私生活できない!ヽ(´エ`)ノ
という危機感がようやくうまれたわけです笑

結構な恐怖でしたね。

[ad#]

出来事その2:離婚の原因に「お金」だった


え?どゆこと???
と思うかもしれないんですが、

私はまだ独身なのですが、
やっぱり将来は結婚をしたいと思っていて、
そして結婚をするのあれば、
素敵な人と出会って
ゴールインすることに憧れているわけです。(´・ω・`)


そんな矢先に、
何かのサイトでみたのですが、
離婚する原因に「お金」が絡んでいる
ということをみかけたんです。

なんだかお金のことが理由で、
夫婦の仲がぎくしゃくしたり、
っていう関係性はいやだなーとすごく思ったんですよね。


だったら・・・
自分がお金を持っていればいいんじゃないか?

と解決策がぴかーんとおりてきて、
お金を稼ごう、貯めようという思考にスイッチしました。

大体、同世代の女子と話をしていても、
彼氏が大手企業に勤めている=いい彼氏
とかですね、そういう話になるわけなんです。

でも、そんなの、
もし結婚できたとしても、
その会社が一生安泰というわけでもなければ、
給料があがるともかぎらないわけですよね。
(この辺は、金も父さんの影響うけてますw)

そうなったときに、
やっぱり相手の人間性が好きかどうかっていうのが、
しっかりしていないとうまくいかないんじゃないかなあ。。。と、

もちろん、いろいろな考え方があるので、
一概には言えないんですが、
このような考えにいたったときに、

よし、自分もお金を貯めていこう、
そして、しっかりと稼いでいこう

と決意をしたわけです。


とても単純ですが、
貯金をする理由が明確になったんですよね。

私の場合は、
幸せな結婚をするため笑

まあ、、、貯金ができたいま、
結婚する相手がいるかはおいておいて、
心に余裕がうまれましたね。


まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回は自分のことを、
ながながと書いてしまいましたが、

私が考える
貯金ができる人とできない人の違いは、

・貯金(お金)に興味があるかどうか
・貯金をするための理由があるかどうか


ということだとおもいますね。


貯金ができない。。

というひとは、
この2つの項目について、
一回しっかりとかんがえてみてくだいさいねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>